epa

セサミンを効果的に摂取

ゴマの原産地は、アフリカのサバンナ地帯とかインドとか言われていますが、これは学説でいずれが原産地かは不明です。
日本では鹿児島県で一番多く生産されていますが、国内産だけでは需要に追いつく事ができず、現在では、ナイジェリアやパラグアイ、ミャンマー産のものが大多数を占めています。

このゴマに含まれる成分で、ゴマリグナンにはセサミン、セサモリン、セサミノール、セサモールがあり、その中でもセサミンの含有量が最も多くを占めています。
ポリフェノールに属するセサミンは、色素以外でできたポリフェノールの1種で脂溶性の抗酸化物質です。
ゴマ100g中1g程度しか含まれていない物質で、1日の摂取量としては、10mg程度が目安となります。
サプリメントで摂取されるのが効果的で望ましいと思います。
必要量を生のゴマをペースト状にして摂取すれば、セサミン以外の多彩な成分も摂取することができ効果的だと思いますが、ゴマは、脂溶性の性質が強いため大量に経口摂食すれば、炭水化物やタンパク質の消化吸収が遅くなり、高カロリーのため食べすぎると逆に健康を害する恐れもあります。
従って、あまり効果的な方法とは言えません。
この物質は、脂溶性の物質ですから胃酸に左右されることなく小腸に入り、血液を介して肝臓に到達しますので、肝機能が改善されこれに伴い各機能の活性化が期待できます。

セサミンのサプリメントのみを摂取するのはそれなりの効果も期待できますが、ほかの栄養素と共に配合されたものを摂取すれば効果はもっと大きくなると考えられます。
セサミンが胃液に侵されることのない性質を利用して、小腸から吸収されると栄養価が発揮できるものにセサミンをコーティングさせて1つのサプリにしたものが、より効果的なものになると思います。
例えば、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)は酸化され易い物質ですからこれをセサミンでコーティングすることにより吸収率が上がり効果的な摂取ができると思います。
これ以外の物質との配合も色々考えられますので、将来有望な物質だといえます。
また、セサミンとの食べ合わせを色々知っておくと、よりセサミン生活が楽しくなりそいです。

(参考)
いつセサミンを飲む?
http://www.999dine.com/nm/stoneface/